NHKって必要なの?

同じような内容ばかりニュースにしている民間放送以上に「必要なの?」と思わずにいられないのが、NHKです。

民間放送は収益源が「広告収入」ですが、NHKは「受信料」です。

この「受信料」が直接消費者から搾取される仕組みであり、ここが批判の多いところです。

正直、「見ている人だけ払えばよい」と思ってしまいます。

NHKの主張としては以下です。

 

公共放送は必要なのか|NHKよくある質問集

NHKとはどういう事業体なのか|NHKよくある質問集

 

NHK自身は、こんな役割を担っていると言っています。

広く世界や日本の課題を共有化し、正確な情報で人と人を互いに“つなぐ”というメディアの公共的な役割

 

また、こんなことも言っています。

緊急災害時には大幅に編成を変更し、正確な情報を迅速に提供するほか、大河ドラマ紅白歌合戦のような関心の高い番組だけでなく、教育番組や福祉番組、古典芸能番組など、市場性や視聴率だけでは計ることの出来ない番組も数多く放送しています。これは広告料を主な財源とする民間放送や、税金で成り立つ国営放送ではなく、視聴者のみなさまに負担していただく受信料で成り立つ公共放送だからこそ実現できるものと考えています。

これって、「受信料」方式でないと、実現出来ないのでしょうか?

結局、教育番組や福祉番組云々では視聴率がとれないことの言い訳ではないでしょうか。

こういった理念の元、運営しているのであれば、今の民放は大きな違いも見いだせていないし、解体して、教育や福祉、大河ドラマなどを中心に独自性を出して生まれ変わるのも手だと思います。

そもそも「受信料」だけが収益源だから、こうなる。

他の民放みたいに、投資など収益源を多様化することも必要です。

 

そういった努力無く、かなり強気(脅し?)で徴収してくる(下請会社の方かと思いますが)のは印象もよろしくないかと思います。