「意味」っているの?

なぜ「意味」なんかを求めるのか?
なんでもかんでも、「意味」をよく求めがちだが、本当に意味なんて必要なのか?
なんて、ちょっと哲学的なことを考えた。

そもそもだか、


【意味を求める=答えを求める=答えがある前提】

答えがあるの?本当に?

最近思うのは、自分の感覚や素直な感情にただただ従って進むのが最適なのではないか?ということ。

例えば、「何のために生きてるの?」では無く、「神様からのチャレンジですか?」とか、視点を変えて考える。

「こんなことして何の意味がある?」じゃなくて、「こうするんだ」「こうしたいんだ」って思ったら、それをただとらえて、心のままに動いてみる。

□+△=10、だから□や△には色々なパターンが入るので、考え方って色々あるよね、日本は5+5=○だもんね。

いや、違う。

□+△=○なのだ。

□に5を入れてみたり、△に95を入れてみたりしているうちに、結果的に「答え」と後からとってつけたものが、100になっただけなのだ。

最初に答えがあると思って、最初に○の中に10とか100とか、入れちゃうから、苦しくなる。生きにくくなる。

自分が面白いと思ったり、やってみたいなと思ったら、直ぐに□や△に何か入れてしまえば、○の中身は、自分が想像もしなかった、面白いものになるのかもしれない。

もっと人生は自由で良いはず。

ふと、思いました。